【東方】博麗ちゃんの賽銭箱

FC2カウンター

プロフィール

D.P.G.

Author:D.P.G.
大学生
厨二病患者
最初の記事で自己紹介しているので、詳細はそちらを。
時折ネタを織り交ぜるので、分かったら反応してあげると喜びます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/19 (Thu) 14:10
Memories Off プレイ記録 鷹乃編

はい、月曜更新といいながら遅れてしまいました。すみません。

久々のメモオフです。

今回は鷹乃編。

ちなみに聖地行きには殆ど何の足しにもならなかったのは秘密だ!

では以下ネタバレ全開↓
ある日、健の下校中。
香菜が数人の男に絡まれていた!
颯爽と助けに行く健!
健「陰陽弾を食らえっ!!!」
しかし効かない!

健@うおっまぶしっ
健「うおっ まぶしっ」

香菜「ここはもう逃げましょう!!!」
健「言われなくても、スタコラサッサだぜぇ (と、鷹乃の姿を見つける)ほら、君も」
鷹乃「(健の銃を抜き取り)いい銃だな、少し借りるぞ」


そして鷹乃の起こしたアクションは!!!

鷹乃和尚の賢者の舞

香菜「出るぞ!!鷹乃先輩の、GUN道奥義、賢者の舞!!!
雑魚「舐めとんのかコラァ!!!」

襲い掛かる雑魚!
鷹乃「ガッタイ!!テッジョウ!!!」
ものの見事に一網打尽。


・・・と、『MUSASHI-GUN道』で出落ちしてみた。
信じられるか、これ・・・ハルヒと同時期のアニメなんだぜ・・・。
まあいい加減本編へ。



鷹乃@練習風景

寿々奈鷹乃。健と同期、同クラス。
水泳部のエースで、現在の水泳部が華々しい成績を収めているのは、彼女によるところが大きいと言われる。また、それによって大学から特待生の話もあるとの事。
だが女子には頼りになる存在だが、何故か男子には冷たい。

鷹乃@プールサイド

ある日、健はほたると一緒に水泳真っ最中の鷹乃を見かける。マジに速く、そして無駄のない動きだった。
プールサイドでほたるが鷹乃に話しかける。やはり二人は友達なのだ。ここでも、健には冷たい。
健が水泳での推薦の話を持ち出す。だが鷹乃は驚くべきことを話す。辞退を考えている。いや、自分は合格してはいけないんだ、と。
そのため、今日が最後の部活なのだとか。そのように話す鷹乃の目は、健にもほたるにも寂しそうに思えた。

健は夏季講習に出ている都合上、何故か勉強しにきている鷹乃と度々会う。一見して態度は冷たいままだが、やはり初見の時と比べて幾分和らいでいる印象。
一方で健とほたるの関係はと言うと、恋人同士としては全うな付き合い。だが少しずつ心が離れ始めているふうに取れる。健の方から好きだと滅多に言わないことが露呈。この辺りから、健とほたるは段々疎遠になっていく。ただ、友人の翔太共々何をしているか全く分からない状態になると、相当やきもきしている様子。

そんな中、予想だにしない事が起こる。何と鷹乃の方から話しかけてきたのだ。
まあ他愛もない内容ではあったが。
しかしこの時、信じられないことに鷹乃を食事に誘い出している。二重の意味でありえん(笑)しかも鷹乃の返答は予想を裏切ってOK。
<チラ裏>ここで鷹乃は「ごきげんよう」と挨拶。友達の受け売りとのことだが、どうみても詩音さん由来です、本当にありがとうございました。</チラ裏>

鷹乃@ファミレス

そうして健は鷹乃とともにファミレスへ。
ここで鷹乃の注文に驚愕。
「ここからここまで」
超・大雑把に広範囲のものを注文。店を出るときに分かるのだが、健の分も含めて総額二万オーバー。ありえん(笑)息継ぎしながらオーダー確認を完遂したウェイトレスさん、よくやった!そして仕送り三万が偶然財布にあった健。複雑な心境ですな。
で、それらを鷹乃は難なく食べてしまう。それも至極普通に。アンタは一体何なんだー!!!!

ここで鷹乃は色々話す。主に大学について。恐らくメモオフの世界では名のある大学か。だが金がかかるので多くは受けられないとか。
そして店を出、途中まで一緒に帰る。

翌日も健は一人で学校。
この日、さらに信じられないことが。鷹乃の方から食事に誘ってきた。
まあ流石に今回はワリカンらしいが。え、突っ込むところが違う?聞こえんなぁ~。

鷹乃@海
やはり鷹乃も普段冷たいがために、時折見せるこう言った笑顔に惹かれます。
この辺、交友関係にある1st出身の詩音と同じ類のヒロインですね。このような人物の笑顔に嘘があるのは考えられないというのもあって、本当に歪みねぇな。


そうして二人はファミレスで食事、その後二人で夜の海に。ここで色々なことが話される。
まずは健。ほたると付き合っていたのは、言ってしまえば告白されて断る理由も無かったため。正直ほたるに対する想いはないのである。それでも付き合い続けたのは、健の元来の人に合わせる性格のためか。
ともかく、次は鷹乃の話。水泳を始めたのは小学校に入る前に行ったプール。そこで一生懸命泳いだら両親から喜ばれたとのこと。
だがその両親は二人とも行方不明。まず父が出張と言ってそれっきり。母にも父のことを聞けず。その後鷹乃が二年入院していた時期が。その間、母も行方を眩ます。その後は母方の叔父、叔母に世話になる。
生活費、学費を悉く出してもらった上、彼等の経営する書店の売り上げも落ちているため、大学を受けるふりをしてお金を返し、店を手伝うつもりらしい。
これには健もビビらざるを得ない。それは叔父、叔母への裏切りではないのか。一度二人に話してみるのはどうか、と健。鷹乃はそれを容れる。

翌日。また二人は学校で話す。
どうやら鷹乃は、健に言われた通りに話したところ、「勝手に決めるな、自分らが大学の学費を払えないと見くびるな」と怒られ、説得されて大学に進学を決めたらしい。そのため、特待生の話も受けようと部に復帰したようだ。
また鷹乃は、男嫌いについても少し話してくれた。どうやら実の父親の件が大きいらしい。

その日の夕方、健はルサックへ。
そこで健は店長に、バイトを辞めることを告げる。鷹乃もほたるも、自分の道に向けて歩み始めている。自分だけが何もしない訳にはいかなかった。まずは大学に行くべく、勉強に集中しようと考えたのだった。
その後自宅に帰る健を待っていたのは信。店長から健がバイトを辞める由が伝わっていたようだ。
信は口では何だかんだ言うものの、大手を振って送り出していった。

だが、家でも、学校でも、急には勉強に集中出来てない様子。
ダルそうな健だが、その前に現れたのは、何とほたると翔太。何やら二人で深刻な話をしている。
だが健に気づかれたと見るや、ほたるが足早にその場を去る。健が追いかけようとするが、翔太に止められる。後で全て話すから、と。

そんな光景を見た健はその日はもう荒れまくり。
気づいたらゲーセン。格ゲー乱入するも惨敗、しかし連コしてうざがられて席を立たれたり。それで健も席を立ったり。
<チラ裏>この頃はCAPCOM vs SNKの時代かな?まあどうでもいいが。</チラ裏>

そしてその辺をブラブラしていて現れたのが鷹乃と香菜。
男に絡まれた一件によって鷹乃に送って貰えるようになった、と香菜(勿論、出落ちのような状況ではない。念のため)。
二人は香菜と別れた後、またファミレスへ。そしてそのまま夜の海へ。

鷹乃@トラウマ

そこでそれは突如起こった。
小さな女の子が溺れている。小さな男の子と老人が慌てふためく。
健、鷹乃は助けに走る。だが海に入った瞬間、鷹乃がフリーズ。何が起こったなか気になるものの、まずは目の前の危機に対処しなければならない。健が一人で救出。
全て終った後も、鷹乃は凍ったまま。健が呼んで何とか気付いたが、錯乱が激しい。健は鷹乃を家まで送ることに。
鷹乃宅は彼女の言う通り書店だった。そこで鷹乃の叔父が迎えに現れる。中々気さくな印象を受ける。たけ(叔父と叔母は鷹乃をこう呼ぶ)を宜しく、と叔父。

翌日。体調崩したのか、起き上がれない健。
何者からか電話が入る。すぐに登波離橋に行くように、と声の主。自分が何者か告げぬまま、電話が切れる。

仕方なく登波離橋に赴く健。そこで信じられぬものを目にする。
橋の下の河原。ほたると翔太の姿。楽しそうに会話している姿は、まさしく恋人同士のそれ以外の何者でもなかった。

如何ともし難い気持ちのままその場を去り、気づいたら学校に。
プールを見るが、鷹乃はいない。香菜曰く、今日は来てないらしい。
そこで健は気づく。香菜が今朝の電話の主だと。何故あの場に自分を誘導したのか、と健。鷹乃と結ばれてほしいからだ、と香菜。

ここに至り、健の気持ちが本格的に鷹乃に傾き始める。いてもたってもいられない健は、鷹乃を呼び出す。

公園で二人は会い、いくらか話をする。
何故、自分を気にかけるのか、と鷹乃。気になるからだ、と健。これは間違いなく告白である。

「白河さんと別れてもいないのに告白だぁ~?」

鷹乃@てめぇらのry
うん、流石にこれはKYだと思った。以後自重します・・・。

健はそのまま海へ。信が出現。これまでの経緯を話す健。タイミングが悪かったな、一方的な感情の押し付けもNGだ、と信。

2~3日後。懲りずにプールに顔を出す健。
だが鷹乃はいない。香菜曰く、鷹乃は早退。また、それまでも自分の番になっても泳ごうとしていなかった、と。

夜に健の部屋にほたる出現。
ほたるが別れ話を切り出す。健がほたるに恋した事はない。だが健は今明らかに、誰かに恋している、と。ここでほたるがウィーン行きのことも話す。そして最後に言う。健は何もない訳ではない、みんなを幸せにするという特技がある、と。

鷹乃@拉致られる!?

翌日。一台の車とニアミスする健。まあ大したことは無かったが。
だが話はそこで終わらなかった。学校付近でそれをまた見かける。しかも鷹乃を車の中に引きずりこもうとしていた!
健が介入。どうやら引き込もうとしていたのは、長く行方を眩ましていた鷹乃の父親だった。
彼が話す。自分は鷹乃を迎えに来た。自分と共に来れば幽々子さんも顔負けの食費や学費などの心配なくなる。その点かなり苦しい叔父夫婦にとっても、鷹乃にとっても悪くない話のはずだ、と。9月3日に返事を聞きに行く、と言い残してその場を去る。

翌日。鷹乃は学校には来ておらず、市営プールで練習しているとのこと。それを受けて、何も考えずにかっ飛ぶ健。

鷹乃@プールサイド2
この鷹乃さんで自分はついに陥落・・・。

市営プールのプールサイドで鷹乃を発見。
何故そこまで自分に首を突っ込む。貴方には関係ない話だ、ほっといて欲しい、と鷹乃。ほっとけない、と健。鷹乃の父親について行く考えに対し、好きな水泳がこのまま出来なくなり、大切な人達とこのまま別れてもいいのか、とも。
さらに叔父の鷹乃に対する「たけ」と言う呼び名が、『かぐや姫』から来ていることも知っていた。それも引き合いに出す健。姫が月の使者が迎えに来た際、本人は何もしていない。もし本人が残りたい意思を見せれば、結末は変わっていたかもしれない、と。
そして明日、また会おうと健。待っている、とも加えて。
<チラ裏>すげえ介入。1st詩音ルートよろしく、素直に残ってほしいと言えば話しが早い気がしたのは自分だけではない筈。
ちなみに某STGの世界観では、かぐや姫は不死身で、月に帰る途中で従者の一人とともに脱走して幻想郷でNEEtっぽい生活をしてたって(金閣寺の一枚天井)</チラ裏>


翌日、健は市営プールで鷹乃を待ち続けていた......。

~ここからエンディング分岐~

バッドエンド:
結局その日は鷹乃は現れず、そのまま二人は分かれてしまう。父親も孤独ながらも頑張り続けた。それを支えようとすることを選んだ、と鷹乃は言って去ったようだ。
自分は恋を失ってしまった、と健。
<チラ裏>確か詩音も同じような理由で澄空去ろうとしてたような。</チラ裏>

グッドエンド:
健は一日中市営プールで粘る。鷹乃が来ると信じて。
プールが閉まるかどうかの間際に鷹乃出現。馬鹿正直に待ち続けた健に鷹乃は驚く。

鷹乃は話す。ここ数日、『全く泳げなかった』訳を。
小さいころ、TVの影響で潜水艦にあこがれた。それで家の船のおもちゃで遊んでいた。最初は風呂だったが、それじゃ満足出来なくなって裏の池に。だがそこがマジで深かったために、身を乗り出した勢い余って溺れる。次に目覚めたのは二週間後。そこから退院まで母は見舞いに現れず、両親は離婚して行方を眩ます。そして引き取ってくれた叔父夫婦がこのようなことのないようにと鷹乃を水泳教室へと通わせたらしい。
どうやら鷹乃は、長くこの記憶が封印されていたらしい。それが海の一件がもとで甦ったようだ。だが両親に見捨てられた心の傷は、男嫌いとして深く残っていたのだった。

それらの話を聞いて健の起こしたアクションは。
突如、プールに飛び込む。そして水の排出口を掴んだまま放さない。文字通り生死を賭けたトライである。
鷹乃が瞬間的にトラウマを振り切って救出。プールサイドでぶっ倒れる健。

健は話す。
自分も似た体験がある。幼稚園のころ、鼓笛隊の指揮者に選ばれた。だが前日にブランコで怪我をしてしまい、他の人が代役に立てられたが、当時暴れん坊だった健はそれが許せず、彼を殴り倒してしまう。見ていた保護者の手前か、見ていた健の母親はあれは自分の子ではないと言ってしまう。だが一人暮らしを始める前日、母親が十年越しにそれを謝る。
一番傷ついているのは母親かも知れない。一度母親に会ってみようと言う話になる。

二人の鷹乃

翌日。二人は鷹乃の母親に会いに向かっていた。意外にも、二人の住んでいる辺りからごく近い場所にいるらしい。
実は前述の鷹乃が溺れた件で、真っ先に母親が発見したと言う。それで母親は心に深い傷を負い、叔父夫婦が意図的に鷹乃から引き離し、そこに母親の前に親身になってくれる男性が現れて、それで母親は当時すでに仲の悪かった鷹乃の父親と離婚してその男性と再婚したらしい。叔父夫婦は鷹乃がこれらの事実を受け入れられる齢になったときに話すつもりだったようだ。父親は一時日本から去る際、鷹乃の幽々子さんばりのry鷹乃を養える力を手に入れたら迎えに行くと言残し、つい先日に叔父夫婦に迎えに行く由が連絡されたらしいが、確実に前述の拉致まがいの件の後である。

生憎知った住所には母親は不在。しかし帰り際の公園で発見する。
限りなく鷹乃に似ている女性。そして連れている子供も鷹乃に似ていた。
健の後押しで母親と対面。しかし母親は鷹乃を憶えておらず、判らなかった。
愕然とした様子でその場を去る鷹乃。だが去り際に「たかの」と呼ぶ母親の声。しかし鷹乃に向けられたものではなく、連れている子供に向けられたものだった。
母親も自分なりに過去に向き合っている。その中で自分の場所を見つけた、と健。

鷹乃復活

二人はその後、帰りに学校に寄る。
水泳部は休みだった。静かなプールに二人。思えば出会いはこのプールで鷹乃の泳いでいる姿を見たところだった、と健。
すると何を思ったか、突如制服を着たままプールに飛び込む鷹乃。躊躇いなく泳ぐ姿に、完全な鷹乃の復活を見る。

鷹乃@帰れるところ

9月3日。鷹乃の父親との約束の日。健も立ち会って臨む。
鷹乃が話す。ここを離れる事は出来ないと。父親と同じ紫水晶のペンダントを取りだし、自分は貴方を許さないが、これで結ばれている絆もある、とも話す。
父親はそれらを全て容れる。そして健に、鷹乃を託すと告げる。

その後鷹乃と父親は二人だけで話し、別れた後鷹乃は海岸に待つ健に走る。
そして鷹乃は健の告白を容れる。

鷹乃先生

その後鷹乃は大学の推薦の選考に臨んだものの、練習不足が祟って落選。しかし一般で合格して水泳部に入り、衝撃を与える。
一方の健はと言うと、事もあろうか鷹乃と同じ大学に挑んで落ち、浪人。
鷹乃が家庭教師となるも、健は草サッカーに明け暮れて上のCGの構図。

~Fin~



はい、大変間が空いて申し訳ありません。
そのため、一部あやふやな部分があったり、真面目なのかネタに走っているのか分から無い構成(特に東方ネタは分から無い人には見苦しいだけだと思います)だったりすると思います。

ですが、鷹乃ルートそのものには、この一言が言えます。

歪みねぇな!のコピー
「歪みねぇな!」

一見クールな第一印象と、そのギャップのために破壊力ばつ牛ンの笑顔が両方備わり最強に見える
もっと評価されるべきなのは確定的に明らか

まあこの二人がそのまま結婚に至ったら、◯長課長の某河本氏のようなかかあ天下に(テーレッテー


さて、自分も目が覚め、鷹乃編レヴューも書き切ったことだし、アフターレインもつかえている事だし本編も再開しようと思います。次はつばめ編へ!
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : MemoriesOff 君の存在にぃ 心奪われた男さっ! ダイナミック入水 鷹乃の拳 TAKANO-GUN道 Touhou'sOff Gachimuchi'sOff もっと評価されるべき

<< ECOとライトウェイトが両方供わり最強に見える | ホーム | 久々の登場 >>

コメント

クーデレの始祖は詩音だと、信じて疑わない不知火です・・。

鷹乃ルートはまさしく歪み無いですねww私も元々評価の高い2ndの中で一番評価されるべきシナリオだと思います。

Re: タイトルなし

一瞬「クーデレって何だ・・・」と思ってしまいましt

これぞメモオフといった感じだと思います。
つばめ編も期待かかってますが・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。